犬🐶のハウスリード

みなさん、こんばんは🌃❗️今夜も当ブログへのご訪問、誠にありがとうございます😊さて、昨夜🌃は犬🐕の血統書についてお話しをさせて頂きましたがいかがだったでしょうか繰り返しになりますが犬🐶の血統書があるから、ないからは、人間が勝手に作ったものでそれ自体はその犬の本質には関係のない事をぜひご理解頂きたいと思います❗️そして、今夜🌃は犬🐩のハウスリードについてお話しをしていきたいと思いますみなさんは、ハウスリードってご存知でしょうかご存知なくてもその名の通り家の中でつけるリードというのはご想像の通りです💦では、お散歩の時のリードと何が違うのかと言いますとその長さです😊いろんな長さのハウスリードがありますが、大体50センチ前後ですね長すぎると犬🐩の足に引っかかったり、排泄をした特にそれがついてしまったりしてしまいます💦あと、普通のリードと異なる点としては、犬🐕の首輪につけるのとは反対の端が輪っかになっていない事です❗️これも、輪っかの部分が犬🐶の足に引っかかったり、椅子💺やテーブルなどに絡まったりする事を防ぐためです😊ハウスリードはペットショップなどの店頭ではあまり見かけないですが、ネットなどで探すと簡単に見つかります中には、長さや色などオーダーメイドで作ってくれるところもあります❗️なんなら、自分で自作も可能です✂️ナスカンを買ってきて、それに適当なヒモ🧵をしっかり結びつければ簡単に作れますヒモは手芸店🧶などで気に入った色の物を購入すれば🆗👌です❗️素材はアクリルなどが良いでしょう😊そして肝心のハウスリードを使う目的ですが、犬🐩のコントロールを容易にするために使います😊ハウスリードをつけていると、好ましくない行動をした時、あるいは、しそうな時にリードを引き犬🐕の行動を止める事ができます例えば、オモチャ🧸などで遊んでいる時に手🤲を甘噛みをしてきたらハウスリードを引き犬🐩を引き離します❗️この時、噛まれている手は引っ込めたりせずにそのままであくまでも犬🐩の方を引き離す様にするのがポイントです‼️そして犬🐕が大人しくなるまで待って、落ち着いたら、そこで褒めてあげて下さいねそして最後にハウスリードをつける時の注意点ですが、まずは、犬🐶を見てあげる事が可能な時だけ使う様にしましょう‼️ハウスリードをつけた状態で放置すると、何かにリードが絡まって動けなくなったり、ケガをしてしまう事も有り得るので必ず目を離す場合は、外す様にして下さいね😊そうやってハウスリードを上手く使う事でイタズラや好ましくない行動を減らしていくのですが、その様な行動が無くなっても、すぐにハウスリード卒業‼️といきなり付ける習慣を止めるのはオススメ出来ません💦今までついていたものがいきなりなくなると犬🐕から見れば、急に「わーっ、今日から自由だ〜っ」となってしまい、好き放題になるからです😱ですので好ましくない行動が無くなったら、長さを少しずつ短くしていきますその度に短めのハウスリードを買うのも面倒ですし、お金もかかりますので一番簡単な方法はハサミ✂️で切っていくやり方です😊この様に正しくハウスリードを使えば犬🐶に対するしつけにも効果がありますので、みなさんも一度試してみてはいかがでしょう

Instagram