犬🐕の混合ワクチン✨

みなさん、こんばんワンコ🐶🌃‼️今夜🌙もわん togetherのブログへお越しいただき本当にありがとうございます😊さて、昨夜🌙は犬🐩の日と戌の日についてお話しをさせて頂きましたがいかがでしたでしょう⁉️犬🐕の日に限らず毎日動物愛護の精神を持って愛犬🐩に接していきたいものですさてさてそれでは本題の今夜🌙のお話しに移らせていただきますが、今夜🌃は犬🐕の混合ワクチン接種についてのお話しをさせて頂きます😊みなさんはもうご存知の通り、犬には混合ワクチン接種が不可欠です‼️犬🐶をウィルスや細菌から守り体内に抗体を作るのが目的ですその混合ワクチン接種ですがたまに狂犬病の予防接種と混同されている方もいらっしゃいますが、実は別々のものです❗️狂犬病の予防接種は法律で義務づけられていますが、混合ワクチンの場合は義務づけされていないのです😊では、混合ワクチン接種は不要かと言いますと上述の様に愛犬🐩をウィルスなどから守るため必要なものですほとんどの飼い主さまは年に一度混合ワクチン接種をされていると思います❗️実は私もそうなのですが本当のところ、一年に一度でいいのかという点についてはその犬🐶によって違うのです‼️意外だと思いませんかよく5種混合ワクチンとか8種混合ワクチンなどという言葉を耳にしますが、これはその対象となるウィルスなどの種類の数によって呼び方が違います😊当然、あるウィルスの抗体は1年以上持続しますが、一方で1年持たない抗体もあり得ます❗️ですので、本当は混合ワクチン接種を受ける前に犬🐕の抗体を検査してから接種するのが正しいと言えるでしょう最近の研究では、ワクチンの効果が3年程度続く犬🐶が多いとの報告もあります😊もし、みなさんの愛犬🐩が3年に1度のワクチン接種でいいのなら、その間隔で接種するのがベストです‼️なぜなら混合ワクチン接種には副作用の可能性があるからです😊過剰にワクチン接種を受ける事は副作用のリスクもその分多くなることを意味します😱もっと言うと本当は抗体がまだ残っているにも関わらず1年に1度といったいった間隔を決めてしまうのは、副作用のリスクをあげることに繋がります‼️ですので、その犬🐕に最も適した間隔でワクチン接種するのがベストなのです先程お話しさせて頂いた様に血液検査をしてからその犬🐶の体に残っている抗体を調べて免疫力が残っているものについては追加してワクチン接種するのは副作用のリスクだけを抱えるだけで不要です😊逆に免疫力が無いものについては、ワクチン接種が必要になるのです‼️余談ですが、私が現在トレーニングをさせて頂いているお家🏠の犬が先週、混合ワクチン接種を受けたところアナフィラキシーショックを起こし一時意識不明で命に危険が及び、私もヒヤヒヤしました。幸にしてその仔は一命を取り留めましたが可能性は低いと言えどその様な副作用のリスクは全て犬🐶にあるのです‼️できれば混合ワクチン接種の前に血液検査をして、不要なリスクを避けてあげるのも愛犬🐕にとっては、いい選択ではないでしょうか

Instagram