犬🐕の人工授精⁉️

みなさん、こんばんワンコ🐕🌃❗️今日も当わんtogetherのブログへのご訪問、誠ににありがとうございます😊さてさて、昨夜は犬🐶の遺伝子🧬についてのお話しをさせていただきましたがいかがでしたでしょう⁉️今日はそのブリーディングの関連で犬🐩の人工受精についてお話ししてみますね近年、動物の人工授精は目を見張るほどの技術進歩を遂げています‼️1780年イタリア🇮🇹で初めて犬🐶の人工授精が成功したのですが、これは、また動物の人工授精の初の成功でもありました❗️その後、馬🐴による技術的な進歩を経て、様々な家畜の品種改良の手段として、応用される様になりました😊個人的には、犬🐕における人工授精は、あくまでも自然的な交配の補助的手段であるべきだと考えます‼️自然交配に最大限の努力をした上でどうしてもそれが叶わない場合のみ検討されるべき手段だと思うからです犬🐶の人工授精が検討される場合としては、以下の様なケースが考えられます😊①交配する犬🐩同士の体格差が歴然としてあり自然交配が不可能なケース②生殖器などに医学的に🧪に異常がある場合③嚙んだり、暴れるなど交配自体が危険なケース④交配する犬🐕同士が遠距離で輸送する事で犬🐶に多大な負担がある場合などです❗️一方で犬🐩の人工授精には、メリットも確かにありますそれは、どの様なものかと言いますと以下に挙げることが考えられます①種の保存の観点から優秀であると認められる種雄の精液を効率的に分配して使用する事ができる②種雄の頭数自体を減らすことが可能になる③自然交配では不可能な動物間での雑種を作出することが可能となる④ブルセラ病に代表される自然交配で感染する疾患の蔓延の防止⑤人工授精の場合には、精液の検査が行われるため受胎率が向上する⑥優秀な種雄の死後も精液の凍結保存により数年は優秀な子犬を得ることが可能となる⑦ある目的のために、また欠点を補うために計画的な繁殖が容易になる、近年では、犬🐶アレルギーを持った人に対しての盲導犬として、作出されたラブラドゥードゥルなどがこれにあたります。この様にメリットも多くある人工授精ですが、現在では技術的に困難な問題点なども解決され、一般的なブリーダー(繁殖者)でも実施されているほど容易なものとなっています❗️この様にメリットも多く、かつ技術的にも簡単に行うことが可能になった人工授精ですが、繰り返しになりますが私個人の意見として、あくまでも、補助的な手段であって自然交配がより好ましいと考えています😊みなさんは、どう思われますか⁉️もし、愛犬の子供を望む場合、自然交配が不可能な理由があり、人工授精という比較的簡単な手段があれば、やはり検討されてもおかしくはないでしょうしかし、もし、犬🐶の人工授精を検討する場合は、本当に自然交配が不可能かどうかを慎重に考えてみていただきたいとおもいますわんtogetherでは、この様な繁殖に関するお悩みにもできる限り飼い主さまと愛犬の立場を第一に考え、アドバイスをさせていただきます😊繁殖に関するお悩みがありましたら、ぜひ一度、当サイトのお問い合わせフォームよりご相談くださいませ

Instagram