犬🐩の去勢・避妊その②❣️

みなさん、こんばんは🌙‼️今夜🌠も当わんtogetherのブログへお越し頂き誠にありがとうございます😊さて、昨夜🌙は犬🐶の去勢・避妊手術の目的についてお話しをさせて頂きましたがいかがでしたでしょう⁉️去勢・避妊をすれば飼い主さんが望まない繁殖を防げるだけでなく病気の予防にも大きな効果が期待できますのでまだ去勢・避妊をされていない方は一度ご検討してみてはいかがでしょう⁉️それでは今夜🌠のお話しに移らせていただきますが今夜🌙も犬🐩の去勢・避妊についてそのメリット、デメリットをもう少し詳しくお話しさせて頂きます😊まずは雄の犬🐶の場合のメリットとしてはやはり前立腺関連の病気を予防出来る事が挙げられます❗️前立腺は年齢を重ねていくと必ずと言っていいほど肥大してきます💦概ね5歳位でも肥大していると考えてもいいでしょう😰全ての犬🐩が前立腺の肥大によって病気になるわけではないですが去勢手術を受けて精巣を切除した場合、前立腺が委縮し病気になりにくくなります😊前立腺腫瘍は転移する事がありそうなると命に関わる事態になりますので要注意です‼️これは犬🐕の前立腺は膀胱のすぐ後ろの尿道を包む様にありその中を貫く様に前立腺があるため切除が困難だからです😱犬🐶の肛門の周りには肛門腺をはじめ様々な分泌腺が集まっています❗️そしてその多くの分泌腺は男性ホルモンによって支配されているので去勢手術をすれば肛門周囲腺腫を発症する事はなくなります😊さらに去勢すればアポクリン汗腺という男性ホルモンに関連する病気を予防する事が可能になり、性ホルモンに関連する皮膚炎も未然に防ぐ事ができます❗️次に挙げられるメリットとしてはマーキングなどの行動を改善出来る可能性があるという事です精巣を切除し男性ホルモンの分泌がなくなればあちこちに排泄によって自分の臭いをつけようとするマーキングが減ると予測する事ができます‼️ただしその行為が習慣化してしまっている場合は改善が見られない事も少なくありません😰その仔によっては変わらずマーキングし続ける事もあるので過度な期待はしない方がいいでしょう💦一方で足を上げて排尿をする様になる生後5〜6か月より前に去勢手術を受けた場合は生涯足を上げずに排尿する可能性も高くなります‼️メリットの3つ目は攻撃行動が減る事です😊犬種やその仔の性格にも左右されますが男性ホルモンの一種であるテストステロンが多いと攻撃性が高まります❗️ドッグランなどて未去勢の雄同士がよく喧嘩になるのはそのためです💦去勢手術により男性ホルモンの分泌が抑制されれば攻撃行動を減少させる事が期待できます去勢手術のメリットの最後は精神的に安定する事です😊当然ですが犬🐶には種の保存の本能からくる性欲があります💦欲求を自由に満たしてあげるのが不可能な飼育環境ではその欲求不満がストレス⚡️になる事が考えられます😰去勢により雌に対する興味が薄れればストレス⚡️から解放してあげる事ができ精神的に安定した状態になります❗️今夜🌙は雄犬🐕の去勢によるメリットを中心にお話しさせて頂きましたがこの辺りでおしまいとさせて頂きデメリットはまた明日の夜🌃のお題とさせて頂きますね今夜🌠もお付き合い頂きありがとうございました😊

Instagram