犬🐩のフィラリア予防‼️

みなさん、こんばんは🌙‼️今日も当ブログへの訪問、誠ににありがとうございます😊さて、昨日は犬🐶の混合ワクチン接種についてをお題にお話しさせて頂きましたがいかがだったでしょう⁉️犬🐕の混合ワクチン接種については、可能性は低いものの副作用のリスクを少しでも回避するため愛犬🐩の抗体検索も検討して頂ければと思いますさて、それでは本日のお話しはフィラリア予防についてをお大事にとさせて頂きます😊フィラリア症はフィラリアが犬🐕や猫🐱に寄生する事によって発症します😱フィラリアの成虫は30センチほどにもなりますが寄生した初期の頃はあまり症状が重くないので早期発見が難しいと言えます‼️ですので、できれば予防する事で愛犬🐩をフィラリアから守るのが有効な対策ですフィラリアは蚊🦟を媒介して感染します❗️フィラリアが寄生している犬🐶の血液の中には幼虫がいて蚊🦟が犬🐕の血を吸う時に一緒に吸入してしまい他の犬🐩の血を吸う時に幼虫をその犬🐶の血液の中に入れる事で感染するという経路です❗️ですので、予防する期間としては蚊🦟のいる季節をカバーすれば良いという事ですね具体的には蚊🦟が見られる時期が4月〜11月であれば5月〜12月まで投与します😊何故4月はいらないかというとフィラリアの幼虫が心臓❤️に達するまでには時間がかかるので幼虫が犬🐩の体内にいたとしても1ヶ月後に投与すれば十分駆除には間に合うからです犬🐶にも猫🐱にも感染するフィラリアですが、猫🐱の場合は、主に肺に障害がでますが犬🐕の場合には心臓❤️や肺動脈などに寄生して重大な影響を及ぼし最悪の場合は死に至る怖い感染症です😱そんな怖い感染症であるフィラリアの予防としては、注射💉によるものもありますが、最近ではチュアブルタイプの飲み薬が一般的になっています😊この飲み薬は犬🐩のフードに混ぜて与えるだけで済むのでお家🏠で手軽に与える事ができます✨しかもインターネットの普及により大手通販サイトなどでも購入する事ができ大変便利だと思います❗️しかしこのお手軽な方法にはリスクがあります😰フィラリアに感染している犬🐶の体内にはミクロフィラリアがいるため、そこに薬💊を与えると一度に大量のミクロフィラリアを死滅させる事になります❗️その結果、犬🐕がショック症状を引き起こす事があるのです😱ですので予防薬を与える際には、念のためその犬🐩がフィラリアに感染していない事を確認する方が安心です❗️少々手間はかかりますが愛犬🐕を動物病院🏥に連れて行って血液検査を済ましてからお薬💊を処方してもらうのがおすすめです😊特にお散歩などで蚊🦟の多い草むらに入っていくことの多い場合には、しっかり予防する事で愛犬🐶を怖いフィラリアから守ってあげましょう✨

Instagram