犬🐩とチョコレート🍫❣️

みなさん、こんばんワンコ🐶‼️今夜🌠もわんtogetherのブログへお越し頂き誠にありがとうございます😊さて昨夜🌙は犬🐕のコングの使い方、冷凍編‼️をお話しさせて頂きましたがいかがでしたでしょう⁉️コングを冷蔵庫で凍らせる事で愛犬🐩に長い時間遊んでもらいエネルギーの発散、暇つぶし、かじりたい欲求の発散などをさせてあげてお留守番などでもストレス⚡️がかからない様にしてあげてくださいませ😊さてさてそれでは今夜🌃のお話しをさせて頂きますね今夜🌙はバレンタインにちなみ犬🐕とチョコレート🍫についてお話しさせて頂きますね❗️バレンタインと言えば海外では大切な人にお花🌸などプレゼントを贈る日ですが、日本🇯🇵では、なぜかチョコレート🍫を贈るのが一般的になっていますそれもあって2月は犬🐶のチョコレート🍫の誤食が最も多くなる月です💦犬🐕にチョコレート🍫は🆖というのはよく知られている事ですが実際のところどうなのでしょう⁉️結論から言いますと少量であれば大丈夫です🙆‍♂️犬🐕にも五感があり当然、味覚もあります😊ですので普段から味の薄いフードなどを食べている犬🐩にとって甘い味のするチョコレートはとても食欲をそそるものです💦時期的にバレンタインデーを挟んで用意したり貰ったりしたチョコレート🍫が愛犬🐶の周りに多くなる2月‼️誤食が多いのは飼い主さんが目を離したスキにとても魅力的なチョコレート🍫に誘惑されて食べてしまうからです😱犬🐩にとってチョコレート🍫が🆖と言われるのは原料に含まれるテオブロミンという成分が犬🐶に中毒症状を引き起こす原因となるからです💦では、やはり犬🐩にとってチョコレート🍫は厳禁なのではと思われると思いますが問題はその摂取量です‼️テオブロミンが犬🐕の体内に入っても少量であれば中毒症状が現れる事はありません犬🐶がテオブロミンによる中毒症状を引き起こすのは相当な量のチョコレート🍫を食べた場合です❗️ある報告によると一般的なミルクチョコレート🍫の場合、危険量は約85g、致死量は約430gとされています😰ちなみに市販されている板チョコの場合は1枚平均60g位です‼️これから言うと板チョコ1枚を全部食べたとしても危険量に達しません😊致死量に至っては7枚食べる計算になります💦ただし、これは一つの例ですのでチョコレート🍫の種類、犬🐶の大きさなどにより差がでてきますのであくまでも一つの目安と考えてくださいね小型犬🐩がブラックチョコレート🍫を食べた場合はもっと少ない量で危険量に達してしまいます💦まとめとしては、愛犬🐕にチョコレート🍫を積極的に与えるのは嗜好の面からも🆖です‼️しかし万が一、愛犬🐶がチョコレート🍫を誤食したとしても舐める程度やほんのひとかけらならまず大丈夫です🙆‍♂️バレンタインでもらったチョコレート🍫、愛犬🐕が欲しがってもゴメンねで許してもらいましょう😄今夜🌠はバレンタインデーにちなんで犬🐩とチョコレート🍫についてお話しさせて頂きましたがここでおしまいにさせて頂きたいと思います今夜🌃もお付き合い頂きまして本当にありがとうございました😊また明日の夜🌠のご訪問を心よりお待ちしております

Instagram