犬🐕のしつけ、トレーニングのコツ、その③✨

みなさん、こんばんワンコ🐶🌠‼️今夜🌃もわんtogetherのブログへお越し頂きまして誠にありがとうございます😊

さて、昨夜🌠は「犬🐩のしつけ、トレーニングのコツ、その②」と題して愛犬にしつけやトレーニングをする際のポイントについお話しさせて頂きましたがいかがでしたでしょうか愛犬にしつけやトレーニングをする際にはオヤツの存在がとても重要になってきます‼️特に褒めてしつける方法ではそれが必須となりますが、出来るだけその犬の大好きなオヤツを使ってモチベーションを高くした状態で行うのがポイントだと思います😊

さてさて、それでは今夜🌠のお話しに移らせていただきますね‼️今夜🌠も引き続き犬にしつけやトレーニングをする際のポイントについてお話しをさせて頂きます犬に何かを教えようと思ったら、それについて練習をすると思いますが、しつこくやるのはあまりオススメできません💦というよりはそうしないのがコツであるというお話しです😊

例えばフセを犬に教えるとします❗️まずはおとといのお話しの中でも既にご説明させて頂いた通り、オヤツを手に持ちそれを犬の鼻先からの誘導でフセの体勢を作らせますそして、見事フセができたなら手に持っていたオヤツをあげるのですが、もしできなかった時に何度も何度も同じ事をやっても失敗する可能性の方が高く、また犬のモチベーションや集中力も徐々に落ちていきます💦

それを防ぐために失敗したら、同じ事を要求するのではなく、一つ難易度を落としてオヤツを犬にゲットさせてモチベーション維持を図る方がはるかに効率が上がります😊

このフセの場合だと、鼻先からの誘導でできなければ人が床に座り、足をを伸ばしそこから左足だけを曲げてちょうど床との間に山型のトンネルを作るようにしますそして足の左外側からそのトンネルに誘導するようなイメージで右手で犬の鼻先にオヤツを持っていって足と床の間から誘導するのです‼️この方法の方が誘導だけよりも難易度は下が下がり、まず成功すると思います😊そして、フセの体勢になったらオヤツをあげます

この時の注意点ですが犬が足と床の間のトンネルをくぐっている時に膝を動かして高さを下げたりしないのが大切になります‼️もし足で作っているトンネルの高さが低くなり、その結果、犬が圧迫感を感じると余計にフセの体勢を取りにくくなりますので足を動かさないのがコツですね😊

この様に犬しつけやトレーニングをする時には失敗したら難易度を下げて成功させてオヤツをゲットさせて成功体験を積ませて次のステップに再挑戦し、一つの事を何度もしつこくしない事が成功への近道になると思います

今夜🌠は昨夜に引き続き犬にしつけやトレーニングをする際のポイントとしていかに成功体験を積ませて連続して失敗させないかといったお話しをさせて頂きましたが、この辺りでおしまいとさせて頂きますそれでは今夜🌙もお付き合い頂きまして誠にありがとうございました🙇‍♂️また明日の夜🌠のお越しを心よりお待ちしております😊

Instagram